F28HS,F28ASの材料変更のお知らせ

日頃より菊八重の大正琴をご利用いただきありがとうございます。
さて、長らくF28HS、F28ASに使用しておりましたハガランダ材(裏甲・胴板・天板)の入手が大変困難な状況になり、材料の変更をさせて頂く事になりました。これは、ハガランダがワシントン条約(希少動植物の保護のため輸出入を禁止・制限した国際条約)に指定されている事から大変珍重されるあまり、楽器材として良質のハガランダ材が確保できないためです。
弊社では、ハガランダ材の代替として様々な材料による試作をした結果、ハガランダと同じ南米産出の「ココボロ材」に変更することとなりました。
試作品の音色はハガランダと遜色ないものとなっており、その木目の美しさも格別なものです。
このような事情ですので、どうかご理解とご協力お願い致します。

                              琴生流菊八重会